手軽に愛車のボディを守るガラスコーティングの魅力

ひと昔前は、車のボディにワックスをがけをしている光景をよく見かけましたが、最近はすっかりコーティング剤に変わってしまった感があります。その理由は、塗れたままのボディでもコーティングが可能かであり、拭き取りの必要もないその手軽さにあります。

ただ、ホームセンターなどで売られているガラス系コーティングは確かに手軽ですが、効果があまり長持ちしません。やはり、本物のガラスコーティングとは質が異なるのです。本当のガラスコーティングであれば、1年以上は全く問題なく使用することができ、中には3年程度の耐久性があるものもあります。

ただ、本物のガラスコーティング剤を使用する場合は、下地処理から徹底する必要があります。これは本当に骨の折れる作業ですし、失敗するとムラになってしまうので、決して簡単な作業とは言えません。自分では無理だと判断したら、迷わずプロの業者に依頼するのが良いでしょう。費用は安くはありませんが、その仕上がりの美しさと高い耐久性にはきっと満足することでしょう。