DIYガラスコーティング検討

従来の安価なカーシャンプーやワックスだけでは再度汚れが目立つまでのスパンが短く、その分洗車の手間も増すという事もあって、私は半年程前から愛車の外装にガラスコーティングを用いる様になりました。
その後はもちろん洗車の必要性が無くなった訳ではありませんが、その頻度自体はかなり少なくなり、手間が掛からなくなったというのは事実。多少の汚れがあっても全体的に見れば十分見られる光沢を確保しており、以前程汚れに対しデリケートにならずに済んでいるのです。
ただ施工に関しては、ちょっとした段取りのミスで外装に傷を付けてしまうのが怖く、多少工賃は掛かっても業者のプロの腕に任せてしまっています。
一旦通販で安くガラスコーティング剤を購入し、それを愛車と共に知り合いの施工業者持ち込む、という結構面倒なやり方ではありますが、お金で十分過ぎる程の安心感を買うのは悪くありません。車の外装に目立つ傷を付けてしまえば、それだけで数万円が飛んでゆく世界ですから…
洗車でも、軽い水洗いだけですぐに素晴らしい光沢が取り戻せるのは嬉しい限り。ちょっとした手間で、十分洗車が出来たという満足感が得られるのです。自力でのカーコーティングが上手くゆくなら通販でもOKか

自宅でのカーメンテナンスは正直得意では無かったのですが、先日通販であまりにもコーティング剤が安かった為に購入してしまい、慣れない手つきで愛車にガラスコーティングを行う羽目になってしまいました。
幸い自宅にはコーティング施工向きと思える屋根付きのガレージがあったのですが、庭との兼ね合いでスペースはまさにギリギリといった感じ。当然施工もガレージ横にある低い花壇に上り、足場を確保しつつの作業となってしまいました。
その分かなり時間は掛かったのですが、何とか午前中には施工を終わり、乾燥させ、翌日午前中までには車を出せる状態となりました。
結果的に見れば、自力で行っても結構見れる状態に持ってゆく事は可能という事。この程度に仕上がるのであればあえて業者に頼まずとも、数年おきに通販でコーティング剤を取り寄せ施工した方が楽だな、と感じたもの。そもそも丈夫で大変長持ちですから、手間や苦労を感じずに済むというのは大きいのです。
その間に洗車の練習でもすれば、自然とコーティングに関する腕も上がってゆく事でしょう…